❦美しさと儚さと

ショコラテの店内には、趣味が高じて自分でアレンジするようになったアートフラワーが、いくつか飾ってあります。始めは、各テーブルにも生花を生けていましたが、店が真南に向いており、午後の強い日差しで、蕾が開く前にお花たちがしおれてしまいます。

 

本当なら生花を飾りたいのですが、あっという間にしおれていくお花たちに掛かりっきりになれません。しおれた姿を飾ったままにするより、いつでも美しいままのお花を、目で楽しんで和んで頂いたほうが良いのでは?、と思い意を決してアートフラワーに変えてみました。

 

でも、今まで、見ただけで造花だと気付いた方は、殆どいらっしゃらず、思わず触れてみて、「え?本物じゃないの!?」と驚かれる方ばかり。実はスタッフも水を注してみたり、カサカサしてるけど、枯れてきてる?などという反応で、みなさま生花にしか見えていないようです。

本来なら、生花を飾りたいところなので、本物に見えているというのは嬉しい限りですが・・・。

 

流石に、店頭で販売しているアレンジをご覧になって、「本当に綺麗ですね~。これは、今朝摘みたてですか?」と尋ねられた時には、しばし返答に困ったこともあります。最近のアートフラワーは本当に良く出来ていて美しいです。

 

左の写真のロイヤルコペンハーゲンの花びん2つは、開店祝いで頂いたものです。とっても素敵!シンプルかつモダンスタイリッシュでお店にぴったり。有難うございました。大活躍しています。

 

気が付けば、開店してから半年が終わり、すっかり夏らしくなった日のこと。元気になれそうな気がして、ビタミン&エナジーカラーのお花を、アレンジして店内に追加してみました。逆光で白っぽく写ってます。